年収340万のわたしの投資信託の選び方。投信とは何か?初心者にお得な良いものとは?

前回の記事で、

お金の不安を解消する方法は

投資信託と
それについて学ぶことだと解説しました。

もちろん何を投資するのか
決めるのは自分であり、
責任を持つのも自分です。

人の言うことも鵜呑みにしてはいけません。

わたしは信念もって誠心誠意書いてますが、
もちろん、この記事だってそうです(笑)

ですが、読んでいる方の勉強の一環や
参考にもきっとなりますし
また自分の考えをまとめたいこともあり、

自分の思う投資信託について
記事にしてみますね。

そもそも投資信託って何?

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

https://www.toushin.or.jp/investmenttrust/about/what/

簡単に説明すると、

株の売買を任せて運用してもらって、

出た利益が自分に入る仕組みです。

株の銘柄も1つではなく、

色んな銘柄、それこそ日本だけではなく

欧米、新興国なども含まれるので

本来なら自分で日中トレードして利益出して・・

ということができない
日中働くサラリーマンやOLでもできる金融商品です。

ベストな投資信託~わたしの場合~

①手数料を考える

まず、投資信託を考えるときに

手数料があります。

手数料というのは、

銀行やら業者やらが商品として販売している

投資信託(商品)につける利益。

これが高いと、
いくら利益の出そうな投資信託でも

利益が出ても自分に残るお金が少なくなります。

なので、初めは特にこの手数料が少ない投資信託を選ぶといいのではないかと思います。

②投資信託の種類を選ぶ

投資信託にもいくつか種類があります。

結論から言って、
初めての人がちょっとやってみたいな程度でやるなら
断然、つみたてNISAです。

これは、金融庁がすすめる金融制度なので
税金もかかりませんし、
毎月つみたてる金額も変えることができます。

つみたてる金額も月によって変えることができます。

またさらに辞めたくなったら売却できるので
お試しでやるにはちょうどいいです。

(売却はしないほうが得ですがw)

ちなみに勉強しているうちに、
資金にも余裕があって
本気で投資信託やりたいって方は

つみたてNISAやiDeCoをサブの投資信託として
利用する方法もあります。

わたしはビジネスを自分でやりたいので

初めてでちょっとやってみたい人の
つみたてNISA派です。

③投資信託の商品を選ぶ

いよいよ、商品を選ぶのですが、

わたしの場合、
不動産にあまり将来性を感じていなく

ビジネスが好きですし
会社が利益を上げていく
株式のほうが好きなので

株式

を選びますね。

株式は株式でも、
日本経済は当面期待できない(涙)ので
海外のものを選びます。

こんな感じで絞っていくと、
自分にぴったりの投資信託が選べると思います!

少しでも参考になれば幸いです・・・!

投資信託について学びたい方へ

投資信託について、学びたいと思ったら

ファイナンシャルアカデミーの
「投資信託・入門講座」
なら無料で学べます。

↓↓こちらから参加できます。

投資信託が全くわからない場合、
こういった無料の講座に足運んで話を聞いたほうが
やる気が出ると思います。

実際わたしもそうでした。

もちろん先に本を読んだり情報収集するのもありです。

ですが、
実際にやっている人に話を聞いたほうが

投資信託についての抵抗がなくなりますし
身近にかんじられるので、良いです


「やろうと思っていたのにいつの間にか
3年経っていた」

超もったいないです!
投資信託は時間を味方につける投資なんです。

3年あったらそこそこ利益が出ています・・。

こんなことにならないためにも、
行動するまでに時間がかかる人なら
無料の講座はおすすめです。

無料講座だけでさくっと学んで、

あとは本を読むなり金融系のブログをいろいろ読んで

情報収集するでも全然OKです。

よかったら見てみてくださいね。

こちらから参加できます↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!