お金

同棲の生活費のリアルをブログで解説します【目指せ都内で10万以下】

こちらの記事は過去記事の再公開になります。

同棲の生活費を公開します【都内で10万】

~こんな方ににおすすめ~

・同棲を考えていて、

リアルな生活費が知りたい方

・同棲しているけど

生活費をおさえたい方

こんにちは、りのです。

今日は同棲の生活費

についてお話します!

親のすねかじりをして、

甘ちゃんだった私も

都内で同棲して2年半経ち、

自立した生活も当たり前になりました。
(大人になったなあ・・。)

 

それは置いといてw

生活費に関しては正直、

都内でこの金額は

めっちゃ安いほうだと思います。

 

・どこにお金を使っていないか

・家賃を収入の何割にしているか

よく考えて決めているので、

これから同棲したい方、

すでに同棲している方に

参考になれば幸いです。

まとめサイトだと、

平均値ばっかりでリアリティもないと思うので、

リアルな体験として生活費をブログで解説します。

ではスタート~。

りの

年収、部屋の広さ、場所、

などスぺックを紹介したうえで

生活費をぶっちゃけます!!

じー
後半には節約方法もまとめてます。

好きなところから読める目次↓

結論は20万円、1人あたり10万円


結論からいいますと、2人で20万円です。

月によって多少の変動はありますが、生活費はだいたい1人あたり10万あれば大丈夫です。

同棲する我が家のスペック

・都内(新宿駅より2駅でアクセス抜群)

・2DKアパート30平米 築25年 駅から徒歩10分程度

・1人あたり年収300万

 

アクセスについて

都内ターミナル駅よりたった2駅なので、

めっちゃアクセスいいです

都内ならどこへ行くにも近いですよ。

通勤が長時間になりにくいのもメリットです。

 

アパート2DK30平米 築25年

こちらもかなりこだわりぬいた条件です。

このくらいだと、そこそこ安めなのに

まあまあきれいな物件があります

 

年収

年収は同棲した初期よりも

2人で50~100万ほど上がりましたが、

なるべく以下の生活費で

まかなうようにしています。

同棲でかかる生活費内訳

早速同棲の生活費の内訳をご紹介します!

合計 20万円
(約10万円/1人あたり)
家賃 9万円
(4.5万円/1人あたり)
食費 4万円
(2万円/1人あたり)
水道光熱費 2.5万円
(1.7万円/1人あたり)
交際費/娯楽費 2万円
(1万円/1人あたり)
ネット/スマホ代 1万円程度
(5000円/1人あたり)
その他
(衣類/日用品など)
2万円
(1万円/1人あたり)

1人あたり10万円で収まっています。

好きなものを買ったりとか、

友達と遊ぶ日が多いともう少し増えます。

それでも、月におよそ20万の収入のうち、

約半分は貯蓄や投資に回せる計算

になっています!

これくらいの余裕があると、生活もラクです。

家賃

家賃は固定費

(毎月かわらずに出て行くお金)なので、

シビアに考えています。

昔は家賃は収入の3分の1

と言われていましたが、

今はネット代がかかるので、

収入の4分の1くらいが理想

と言われます。

わたしもこれを参考にして

家賃の予算は決めました。

(20万÷4=5万くらいの家賃と考えます)

また、同棲を始めるときには

なるべく安くおさえたほうがいいです。

あまり高すぎると別れるときに

退去しにくくなるからです(笑)

退去する際に、

ほとんどの賃貸では家賃の2か月ぶん

を払うことになっています。

うちの場合は2か月ぶんは18万、

一人あたりおよそ9万で済みますが、

15万くらいのちょっといいお家だと

一人15万払うことになるので

6万もの差がつきます。

じー
別れること前提で家賃きめんのかい!!
りの
リスクヘッジは大事よ!!
絶対別れないもん!とか言わずにシビアに決めよう。あとね、アパートはやっぱ安いよね。

都内ド真ん中で1人あたり5万は破格。

食費

自炊前提でいきましょう。

とは言ってもふだん仕事をしているので、

自宅での自炊ごはんも

そんなに頑張らないでできる範囲で。

 

冷凍の野菜やすぐに食べられる野菜

たちがとっても重宝してます。

 

職場でのランチも、

1日あたり300円以内で抑えるようにしてます。

お弁当を手作りで作れればベストですが、

時間的にむずかしいので、

ご飯と冷凍の野菜だけつめて、

メインをコンビニで調達しています。

 

これがとってもラク!!!

あとコンビニ代はばかにならないので、

飲み物はなるべく買わずに水筒をもって行ってます。

 

りの

むだな買い物をしないことで、
好きなお菓子を優先的に買ったりもできて楽しく節約できますよ。

 

水道光熱費

季節によって変わります。

夏と冬は電気代が高くなりますが、

平均すると2.5万くらいです。

電気のアンペアは

2人で30Aがふつうですが、

うちは少なめの20Aなので

基本料金が500円台と安いです。

冬場はよくブレーカーが落ちるので面倒ですがw

安く抑えたいなら、

アンペア数も見直すのもアリだと思います。

娯楽費/交際費

娯楽費は、ぶっちゃけ月によります。

インドアな2人なので、

あまりお金がかからないことが殆どですが

シーズンごとに服が買いたいとか、

たまにはおいしいところ行きたいってなるので

平均すると1人1万くらいですね。

※2人で遊ぶお金なので、

それぞれの友達との遊び代は別で考えてます。

ネット/スマホ代

ネット代

ネット代は家のネット回線と

スマホ代で分かれます。

うちはネット回線は

ニューロ光を使用しています。

ラッキーなことに、

ちょっと前までは5000円

くらいかかっていたのですが、

安くなって4000円以下になりました。(笑)

※ソフトバンクの

おうち割光セットという割引です。

※2020年12月現在、

2,700円になりました!

スマホ代

スマホ代は違うキャリアを使っているので、

もったいないですが

できるなら同じキャリアで契約したほうが

家族割が適用されるのでお得です。

もちろん安くしたいなら格安スマホ一択です。

おすすめはワイモバイルと

ユーキューモバイルです。

どちらも速度が速くて快適です。

りの
ゲームしないなら、月額3000円くらいのプランで十分!
じー
家帰ったら即Wi-Fiつなげれば気にならないらしい。

衣類・日用品

衣類

ファッション系は、

ほとんどGUで済ませています。

ちゃんとかわいいし、

どこにでもあるし、

前よりも素材もモチもよいので、

オールGUでも問題なしです(笑)

服にかけるお金がもったいなくて、

とことん安く済ませています。

化粧品・コスメ

基礎化粧品やコスメは

オール1500円以下でじぶんに合うものを

使っています。

シャンプーリンス類は、

体質のため少しこだわって使っているので

気分によってですが、

平均よりは高いものも使用します。

こだわるところに

一点集中でお金をかけていますね。

その他

生理用品、

衛生用品、

消耗品はその都度スーパーやネットで買います。

 

りの

生理用品は、かさばるのでネットで買うのがラク。

生活費の振り分けと払い方

全部、半分ずつです。

収入もお互いに大して変わらないので、

基本的に半分半分です。

家賃

家賃は月末になったら片方の口座に振り込み、

振り込まれた方は大家さんに振り込みをします。

ネットバンキングからやるので一瞬でラクです。

食費

食費は月に1回、

半年に1回など好きなタイミングで

お互いの食費を計算して

半分ずつになるように

少ないほうが多いほうに払います。

レシートをとっておいて、

あとで精算する方式です。

光熱費とネット

光熱費は片方がクレカでまとめて払って

あとからまとめて片方に支払っています。

こちらはクレカの明細からあとで精算しています。

 

りの
もし収入が変わっても、生活費は半分半分で変えない気はします。
家のグレード上がったら、家賃だけは収入が多いほうが多めにするかも。

同棲でおすすめな節約方法

2年同棲してみて実際にやって良かった、

おすすめの節約方法を紹介します。

自炊

間違いなく自炊はやっていいと言えます。

ふたりで料理するのも楽しいですし、簡単なものでも

自炊したものと買って食べたものはおいしさがちがいます・・。

お弁当も気張らずに、

その日の残りを次の日のお弁当にしたり

冷凍の野菜を使うだけでも

かなり節約になるのでおすすめです。

ちなみに食費は

一番変動しやすい生活費です。

ここをどう抑えられるかで

月の生活費は変わります。

ふだんお仕事中のランチも含め、

一日1000円以内で抑えられれば上出来でしょう。

 

りの

ふだんお仕事中のランチも含め、

一日1000円以内で抑えられれば上出来でしょう。

じー
無理しない範囲でやってみてね!

お金のかからない楽しいデート

お金をかけなくても、

楽しいデートは可能です。

GUで買い物したり電気屋さんで

買いたい家電をチェックしに行ったり・・。

無料の展覧会や、

博物館に行くのもおすすめです。

深夜のコンビニデートも格別な楽しさがありますね。

うちは割とインドアなので、

おうち映画館もよくやります。

映画館並みに部屋を暗くして

大きめのテレビにつないで、

ポップコーン片手に映画やドラマを見る。

 

りの
コスパ最高・・!家にいながら非日常が味わえます。

 

なるべく同じ部屋で過ごす

アパートなので冬場のスキマ風が寒いんですよね。

全部のエアコンをつけても、

 

なかなかいい部屋の温度にならないこともあり、

だったら、同じ部屋に2人こもって

小さいヒーターで過ごしたほうが

かなり温かさが感じられて快適でした。

+電気カーペットが最強。

そのため、なるべく同じ部屋で過ごしています。

狭い仕事部屋でふたりでひたすら

作業したりおしゃべりしたりしています。(笑)

固定費を見直す

ネット代、スマホ代、

ガス、電気あたりは見直しやすいです。

 

スマホに関しては、

わたしは前は大手のキャリアだったのですが、

格安スマホに変えたとたん4000円も安くなりました・・・。

 

4000円×12か月で、

1年だけでも約5万円が浮きます。

もっと早く変えておけばよかった

と後悔しています(笑)

 

光熱費は、ガスと電気のまとめ割があるので

そちらを検討するのもアリでしょう。

 

りの

ただし、もともと節約しているためまとめても、まとめなくてもそこまで変わらないです。

変わるのは、使用する電気量やガスの量が多い場合です。

子供がいなくて、共働きで、節約しているならあまり金額的には変わらないかもしれません。

 

同棲でおすすめしない節約方法

逆に同棲していて合わなかった

節約方法を紹介します。

共通の財布をつくる

これは個人的には合わないので

やっていません。

財布自体が1つなので、

好きな時に使えないことが

デメリットになっています。

仕事の帰りにちょっとスーパー寄りたいときにも、

財布が1つだと使えないし、

あとから精算できるとしても

いちいち計算するのが面倒。

そもそも財布を同じにすることがお互いに嫌。

りの
自分のお金は自分の好きに使いたい派です。(笑)

同棲の生活費まとめ

1人あたり20万の収入で、

10万になるようにおさえています。

もちろん月によっては、

多少超えることもありますが

これを基準にすることで、

気持ちに余裕をもって生活ができています。

同棲の生活費の参考になれば幸いです!

お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
りの
ずっと両想いな人生のパートナーの作り方を発信。 「自分なんて幸せになれない」と思い23年経験ゼロ…玉砕ばかり▷自己肯定感を上げたら2か月で好きな人に告白される▷初彼と4年交際3年同棲→結婚│中度HSP│好きな人に告白され付き合った後も好かれ続けるコツを発信中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です