同棲・仕事・節約の軽くなる暮らしの情報をお届けします

都内の同棲にかかる生活費の内訳と節約方法

こんにちは、りのです。

今日は、同棲にかかる生活費についてお話します。

交際6年、同棲2年の経験から実生活にかかるリアリティあふれる生活費の内訳です!

同棲の生活費内訳(1人あたり)

家賃¥44,000-
光熱費¥18,000-
食費¥18,000-
交際費(外食)¥3,000-
雑費¥2,000-
合計 ¥85,000-

1人あたり9万以下です。
これにもろもろの遊び代とか、勉強代とか、携帯代とかかかってだいたい10万前後です。
ちなみに私の携帯代は月に2000円くらい。
格安スマホ使っていて、料金プランも一番安いものにしてます。

同棲の生活費を安く抑えるポイントは固定費と食費

都内でしかも主要駅から2駅で9万以下、一人あたり5万いかない家賃と、
外食しないので食費も安く抑えられているポイントです。

なにより優先すべきは固定費でしょう。
家賃を無理なく払える家に住むことが一番大切かと思います。

また、携帯代も4000円以上するなら安いプランにしたほうがいいです。
格安スマホのほうが断然安いですし、速度で困ったことも全くないです。
データも外出中はネットサーフィンとLINEとメールくらいなら全く消費しないですよ~。ゲームとか動画使いたい人には向かないかもですが・・。
(辛辣ですが、そもそもゲームはやめたほうがいいとは思います。時間の無駄だと思っているので)

そのうえで、食費は外食にしてしまうとすぐに高額な出費になってしまうので、
気を付けましょう。

ただ共働きだと、

「いちいち家で作ってられっか!!!!」

という方(特に女子)からの声が聞こえてきそうですが、
これに関しては冷凍食品を活用してください。
冷凍ホウレンソウとか、ぷるもち餃子とかがめっちゃおすすめです。
あとはちょっとジャンキーですが、マルハニチロのチャーハンもおいしいです。

あと、買い物の時間も面倒なのでネットスーパーを利用して、買う時間も節約してください。おすすめです!
安いのはイトーヨーカドーです。

とりあえず、今日はここまでで。
お読みいただきありがとうございました!







NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!